kyousei

題目 yossa  

                               

        

        パンフレット用に集合写真を撮りました。(2020年2月4日)

        集合写真 

                                    

                                    横須賀シニア劇団よっしゃ!!の信条

           

           ・歌舞いて ぶっ飛ぶべし

              ・飲んだら 「団歌」を歌うべし

              ・シメは「よっしゃ!!」とすべし

           

      ホームビデオを大公開  こちら 

      PR動画試作版を大公開  こちら          

   
総合チーフコーディネーター  横田 和弘 の想い                                              

横須賀シニア劇団「よっしゃ‼」旗揚げ公演を終えて 

「黒船がやって来た!」は、正に波乱万丈の船出となりました。

新型コロナウイルスという大嵐の中、横須賀公演は何とか乗り切ることができましたが、横浜公演は、残念ながら社会情勢の中 敢え無く中止となりました。横浜公演を楽しみにしていた皆様には、申し訳ありませんでした。お詫びします。横浜公演は中止で延期はありません。ちょっと残念な船出となりました。 

  それでも、横須賀公演だけでも無事に行われたことは 本当に幸いでした。色々ありましたが、とにかく何とか、「よっしゃ‼︎」は旗をあげ、大海に乗り出すことになりました。

 反省会でも、劇団員に言ったことでしたが、減点法ならまだ色々ありますが、加点法ならそれを遥かに上回る出来栄えでした。

 正月を挟んでの二ヶ月半で、この2時間の大作を仕上げたのですから、私が言うのもおかしいのですが、良くやったと拍手です。

 評判も 優しい観客にも恵まれ、温かいお言葉はお世辞半分と受けとっても、かなりの好評の言葉をいただき、感謝しています。

 劇団員はみんな元気です。みな、稽古時間が少なかったのにとか、シニアなのには、褒め言葉だと思わず、このコロナ騒ぎが終わったら、つぎの作品創りをと、手ぐすね引いて待ちわびています。

 この「黒船がやって来た!」がくれた経験に 更なる基本に戻った稽古を加えて、必ずやステップアップする事は間違いないと信じています。「よっしゃ‼︎」にしかできない、シニアのシニアによる シニアのための 他の劇団に真似のできないような集団を目指します。

 これからも、劇団「よっしゃ‼︎」を応援を よろしく願います。その声援で、益々 劇団「よっしゃ‼︎」は育ちます。

 次回公演を ご期待ください。

 

                                 
                                     
         
                                           

       劇団員の想い

              小林

  

              よっしゃ!!

                                         カナフルTV 10月6日放送

              最後に人生を思い切り燃焼させたい チャレンジしてみたいという気持ちがある 小林悦子さん (テレビでのコメント)

             

               

                                

       新着情報(3月10日)

             歴史的旗揚げ上げ公演後お休み、3月24日から稽古開始     


  
             
                                      マグカルへ
             共生共創事業へ
           
            パンフレット抜粋
            p1
                                  
                                   
パンフレトより
pannfurtto2-2.pngpannfurtto3-2.png
pannfurtto4-2.pngpannfurtto5-2.png
pannfurtto6-2.pngpannfurtto7-2.pngpannfurtto8-2.png    
                                   
                              
                
                                 
     
        
                      
                                                                                                                                                                                                
                                  2019年 県政重大ニュース 第1位
                                  
                                                                       県だより より
                                                                                                                         kennnotayori1-2.jpg
                                   黒岩知事の公式ブログより
                                                    kuroiwachiji2.png       
                
koushi4

koushi5

文化庁

 ここから 劇団員のSNSのコーナー (文責は各劇団員)

1.遼子規キンジロウの劇団員ブログへ ここ

「歌、笑い、知性」のあふれる街づくりに貢献したいと思い参加しとる。 新しい居場所ができてよかった。工学博士

 Web担当 元ダンス部長 

2.千代崎 博美のFacebookへ ここ

  「今さらの自己改革」 

  👇の感想文が理解出来たら友達になれると思うよ (遼子規 談)

河童座公演 The Miracle ~ヘレンケラー「我が生涯」より~ (12月7日、 8日)を観劇して 
 言葉はある意味では豊かな情感の喪失でもある、また、言葉は言葉以前の各個人が持つ情動の省略化、合理化であるから故に共通言語として言葉は他人に伝わる、云々。
    劇が終わって直後言葉が出ない事態は渦巻く情動の世界に引戻されたのかもしれませぬ。 勿論、心の省略化でない情感豊かな生きた言葉もある。まさにみずみずしい言葉、ウォーター、ヘレンと教師の激しい情動の格闘の上に獲得された発せられた言葉。
 だがやがてその言葉も美談として感動物語として消費されてゆく。そこに現れたのが、意地悪な、でいて自分に正直な友。2人によって再生される言葉。また教師の言葉、母親の言葉もそれぞれの貫く意思、深い愛情に裏打ちされた情感溢れる生きた言葉だ。
     劇中5分、いや10分にも及ぶのか、ヘレンと教師の言葉、台詞無しの激しく渦巻く情動のぶつかり合い、演じた人の力量もさることながら、それを構成した演出の凄さ。
    台詞は覚えなくていい、相手を感じてと、うんと頷きながらの指導に今更ながら言葉以前の何かを要求されていることを(オソロシク?)思う。
    自分が持つ性格、スタイル、型等々、また言葉の一種であるから、それを壊せ! 劇を観ながら、稽古の現場での事が頭に浮かぶ。
     さて、さて、以上がとりとめない感想です。演技初心者であるなら、饒舌以前に黙して語らずか正解なのでしょうが、これも、また言葉!

inserted by FC2 system